プレミア投資法人プレミア投資法人

証券コード 8956

文字サイズ
  1. ホーム
  2. 投資法人について
  3. 執行役員メッセージ

執行役員メッセージ

投資主の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は、本投資法人に格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
私、奥田孝浩は平成25年6月より資産運用会社であるプレミア・リート・アドバイザーズ株式会社の代表取締役を務めておりますが、平成29年4月1日付けで、本投資法人の執行役員に就任し、両法人の代表を兼務することとなりましたので、この場をお借りしましてご挨拶申し上げます。

本投資法人は、メイン・スポンサーでありますエヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(NTT都市開発)との密接な連携により、着実に成長を続けています。
第29期(平成29年4月期)におきましては、平成28年12月にNTT都市開発との間で物件の入替え取引を実施し、スポンサー連携の強化に努めています。
具体的には、大阪市のオフィスビルを46億円で取得すると同時に、本投資法人が大阪市に保有していたオフィスビル(底地)を67億円で売却いたしました。
この結果、平成29年4月末の保有資産はオフィスビル28物件・レジデンス31物件の合計59物件・2,340億円となり、ポートフォリオ全体の稼働率は95.4%となっています。

本投資法人の第29期の業績は、営業収益8,443百万円(前期比0.2%増)、当期純利益3,318百万円(同0.5%減)となりました。
また、投資口1口当たりの分配金につきましては、平成28年12月16日付 平成28年10月期決算短信にて公表いたしました当期予想値(2,450円)を上回る2,520円を確保いたしました。

なお、本投資法人はスポンサー以外の第三者からの物件取得にも注力しており、平成29年6月には都心部の大型オフィスビル1物件(準共有持分67.0%)を取得価格150億円にて取得し、資産規模は2,490億円に成長しております。
今後につきましても、更なる資産規模の拡大に努めるとともに、ポートフォリオの質的向上にも取り組み、中長期にわたり安定した運用を実現することにより、投資主の皆様のご期待にお応えするよう努力してまいる所存でございますので、引続き変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2017年6月16日

執行役員画像

プレミア投資法人
執行役員奥田 孝浩

このページの先頭へ